『シーリングファン』

今晩は施工管理担当の広瀬です。

今回はシーリングファンについてです。

そもそも、シーリングファンをなぜ取り付けるのか!

シーリングファンには室内の空気を対流することで温度ムラを無くす効果があります。
温かい空気は上に、冷たい空気は下に貯まるため、吹抜けの場合は特に温度ムラがありそうですよね。
夏場は2階が暑く、冬場は1階が寒いイメージがあると思います。

シーリングファンを取り付ける際は、天井の高さに応じて取り付け位置を調整すると良いそうなので、床面からファンまでの高さや、天井からの距離も確認しておくと良いようです。
吹抜けの場合はある程度天井から距離を離したほうが効率的に空気を撹拌できるみたいですね。

冬の寒い時期は上向きに!           夏は下向きに!
(写真はイメージです。)オーデリック製の大風量タイプです。
ちなみにDCモーターを採用していますので、静寂性に優れています。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)