「モデルハウス」カテゴリーアーカイブ

『お風呂』

今晩はギャブハウス真岡の広瀬です

今回はモデルハウスのお風呂施工状況をお伝え致します。

モデルハウスは尺モジュール(910)では無くメーターモジュール(1000)を採用しております。お風呂のサイズも大きくて快適に使用出来ると思います。

(メーカーはTOTO製でサイズは1818となります。)

*ちなみに尺モジュールは1616サイズとなり、約20㎝の差があります

ユニットバス施工中 床骨組み等組立中
ユニットバス施工中2 湯舟設置状況
施工完了状況 鏡・シャワー等設置状況
施工完了状況2 ハンガーパイプ設置状況
施工完了状況3 出入口を取り付けて完成!

ギャブハウス真岡のオリジナル洗面台・手洗等も造作にて施工致しますので、完成を楽しみにして下さい。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

『アルミサッシ』

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

施工管理担:広瀬

今回はアルミサッシについてです。               アルミサッシといっても現在建築中のモデルハウスでは、樹脂サッシを採用していますので、少し解説したいと思います。

樹脂サッシはドイツで開発されたもので、北米・北欧などの厳しい寒さの地域で普及しています。日本では、アルミサッシが主流で、樹脂サッシは北海道や北東などの寒冷地以外ではあまり普及していません。日本全体の樹脂サッシの普及率は7%程と言われており、韓国80%、フランス69%、イギリス66%、アメリカ67%で世界的には樹脂サッシが主流です。日本は他国に比べると導入が遅れていることが伺えます。

モデルハウスにて使用しているYKK製の掃き出し窓です。
内部からの取り付け状況!

樹脂サッシのデメリット

樹脂サッシはアルミサッシよりも強度が低く、厚さを出すことによって強度を上げている側面があります。したがって重量もあり、窓の開閉がしにくくなってしまいます。                またアルミサッシは紫外線に強いです。樹脂サッシはアルミサッシと比べると、紫外線のダメージを受けやすくなるデメリットがあります。そもそもドイツなどの気温が低い地域で使われているものなので、紫外線に対策しているサッシではないといえるでしょう。

樹脂サッシのメリット

樹脂サッシの最大のメリットは「断熱性」です。実験では、樹脂サッシを使用している家は、アルミサッシの家よりも室内の温度が夏は2度低く、冬は4度高いという結果が分かっています。       簡単に説明すると樹脂サッシは、“夏は涼しく冬は暖かい”ということですね。また樹脂サッシは断熱性が高く、冷気が伝わりにくいため、結露もできにくいというメリットもあります。

総合的には、デザインや断熱とした機能を重視するのであれば、樹脂サッシがオススメです。

次回も他の断熱施工についてUPしていきたいと思います。     当社のモデルハウスにて確認してみて下さい。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。     

『瑕疵』

今晩はギャブハウス真岡の広瀬です。

今日は瑕疵保険についてです。

瑕疵担保責任保険(正確には住宅瑕疵担保責任保険)とは、新築で購入した物件に瑕疵(欠陥)があった場合、保険を利用して欠陥部分を修繕するための保険です。
※瑕疵(かし)とは欠陥のことをいいます。

建物を修繕しようとしたら、修繕する場所にもよりますが大きな金額がかかる場合があります。

その費用を用意するのは大変なので、保険金を修繕にあてるために入る保険です。

補償内容は構造耐力上主要な部分と、雨水の進入を防止する部分に、欠陥があった場合10年間補償するというものです。

簡単に説明すると、柱、壁などの部分と、屋根や外壁といった部分の欠陥について10年以内にであれば保険が適用されますが、10年過ぎると保険は適用できませんという内容です。

モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況1(金物等のチェック)
モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況2(寸法の確認)
モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況3(最後に写真撮影で完了です)

実際には、保険証書を頂いて完了です。

ことしも残すところ後僅かですが、もうちょっと工事を行う予定です。

今回の投稿で、今年のブログは終了です。            来年はコロナ禍 が終息して普通の生活が送れると良いですね~

新年からも、工事状況や豆知識等、投稿していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

工事担当:広瀬でした。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

『面材』

今晩はギャブハウス真岡の広瀬です。

(今回のテーマは耐力面材)

木造軸組工法で建てる際必ず考えるのが耐力壁を何にするか!です。。

面材のメリットですが、面材と筋交いを併用出来ます。
壁倍率4倍の面材と筋交いを併用して最大値の5倍にすることにより、耐力壁を減らしたり、間取りに自由度が出来たりします。

面材だけでも最高倍率5倍の商品はありますがめっき鋼板を併用しないといけなかったり、厚みが28mmあったりします。


一般的な面材 ダイケン(ダイライト)

メリット

軽くて使い勝手が良く価格も一般的で性能も良い
デメリット

軽いけどすぐ割れる、湿気含みやすく、くぎ打ち機で施工すると割れてしまうので、大工さんに別請求される等

当社で採用している面材ニチハの(あんしん)
メリット

ラインナップが豊富で9mmでなんと最大5倍まであります。

下地材としては、高倍率なので室内での使用はかなり使い勝手がいいと思います。

デメリット
ダイライトよりも重い事、と若干水に弱い事、

表面に透湿防水シートを貼り付けますので、ほぼ水に濡れる事はありません。その名の通りあんしんです!

あんしん面材貼り付け状況 上部(釘ピッチは外周125㎜)土台~梁迄一枚で張り上げます。
あんしん面材貼り付け状況 下部(中央釘ピッチ200)

現在モデルハウスを施工中ですので、興味のある方はギャブハウス真岡まで連絡して下さい。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

【モデルハウス建方】

今晩は施工管理担当の広瀬です。

今日は、モデルハウスの建て方状況をお伝えしていきます。

モデルハウスいよいよ建て方です。(10tラフタークレーンを使用しています)
大工さんは5人~7人程で行います。
土台同様 金物工法ですので、ジョイント部分はすべて金物にて接続して行きます。
屋根垂木取付状況です。
野地板(9㎜~12㎜の構造用合板)を張って屋根工事に引き継ぎです。

この後、筋交い・間柱・耐力面材等施工してお役所の中間検査、JIO(瑕疵保険)の検査等を予定しています。

『今回、天窓(2カ所)を設置予定ですので、施工後にUPしていきたいと思います』設置する機会が少ないので、私も楽しみです。

構造が気になる方へ!

構造見学会も行っております。詳しくはTEL等で確認して下さい。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

“始動”

今晩はギャブハウス真岡の広瀬です。

いいよいよモデルハウス木工事が始まりました!

こちらが、ホールダウンになります!
プレセッター工法になりますので、通常のホールダウン金物とは異なり柱の内部に
金物が収まります。特徴としては、強度はもちろんですが、筋交い、断熱材等が干渉せずスマートに仕上がります。
こちらが一般的な在来工法のホールダウンになります。
アンカーボルトで左右を固めて、土台を繋ぎます。
こちらも材木同士の接続ではなく、金物にて頑丈に緊結されます。
前景になります。

構造見学会も予定していますので、是非とも見学にいらして下さい。

詳しくは、ギャブハウス真岡まで・・・“注”予約制となります。

モデルハウス!

こんばんは、ギャブハウス真岡の広瀬です。

11月20日(金)~ギャブハウス真岡がオープンします。

特別価格のモニターハウス等、用意しておりますので、

是非来店して下さい。

詳しくは当サイト、インスタ、フェイスブック等でご確認して   下さい。

ここからは、モデルハウスの工事状況をご覧ください。

土間コンクリートが完了したので、基礎立上りの型枠を作成中です。
ギャブハウス真岡では、基礎断熱を採用しており完成後は、冬暖かく、夏涼しい家を目指しています。
基礎断熱材の設置状況(スタイロフォーム厚み5㎝)になります。

建築中の見学会も行っていますので、この機会にぜひ       ギャブハウス真岡まで遊びに来てください。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

モデルハウス

こんばんはギャブハウス真岡の広瀬です

モデルハウスも順調に工事が進んでいますので写真をUPしていきたいと思います。

鉄筋検査も合格したので、土間コンクリートの打設中です。
土間コンクリートの打設完了状況

のぼり旗!建ててみました!見かけたらパンフレットが設置してあるので、是非ともギャブハウスの魅力を感じて頂ければ、と思います。

モデルハウス着工

コンバンワ施工管理担当の広瀬です。

S様邸につづき当社モデルハウスも着工致しましたので紹介したいと思います。

丁張状況 (基礎の高さや通りを書き込みます)丁張を元に基礎工事を進めていくので、とても重要なものです。
掘削状況(丁張から高さ場所を計って掘っていきます。)
基礎・土間下の砕石入れ状況です。
基礎・土間下地の完成です。
S様邸同様基礎・土間下の防蟻処理状況です。