『瑕疵』

今晩はギャブハウス真岡の広瀬です。

今日は瑕疵保険についてです。

瑕疵担保責任保険(正確には住宅瑕疵担保責任保険)とは、新築で購入した物件に瑕疵(欠陥)があった場合、保険を利用して欠陥部分を修繕するための保険です。
※瑕疵(かし)とは欠陥のことをいいます。

建物を修繕しようとしたら、修繕する場所にもよりますが大きな金額がかかる場合があります。

その費用を用意するのは大変なので、保険金を修繕にあてるために入る保険です。

補償内容は構造耐力上主要な部分と、雨水の進入を防止する部分に、欠陥があった場合10年間補償するというものです。

簡単に説明すると、柱、壁などの部分と、屋根や外壁といった部分の欠陥について10年以内にであれば保険が適用されますが、10年過ぎると保険は適用できませんという内容です。

モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況1(金物等のチェック)
モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況2(寸法の確認)
モデルハウス瑕疵保険躯体検査状況3(最後に写真撮影で完了です)

実際には、保険証書を頂いて完了です。

ことしも残すところ後僅かですが、もうちょっと工事を行う予定です。

今回の投稿で、今年のブログは終了です。            来年はコロナ禍 が終息して普通の生活が送れると良いですね~

新年からも、工事状況や豆知識等、投稿していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

工事担当:広瀬でした。

栃木県、真岡市で新築・リフォーム・リノベーションの家づくりのご相談なら、ギャブハウス真岡の日光建設株式会社にお気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)